無添加ワインのススメ~酸化防止剤の亜硫酸塩は有毒?~

あまりワインは好きでないんですが、最近無添加ワインを買ってみました。

長野県産のアルプスワインになります。

 

もともとワインは苦手なので、飲みやすい甘口をチョイス。

なんで無添加ワインを選んだかというと

 

どうやらワインでよく使われている酸化防止剤「亜硫酸塩」に毒性があるようです。

よくワインのむと頭痛を訴える方がいますが、それはこの「亜硫酸塩」が原因です。

 

亜硫酸塩は胃の粘膜を刺激し、ビタミンB1欠乏を引き起こして成長を悪くする可能性。

4gの経口摂取で人間に中毒症状を起こす。

発がん性の疑いも指摘されている

 

この無添加ワインの裏面を見てみると

原料のみです。

あとは酸化防止剤としてビタミンCが使われているものでもよさそうです。

 

輸入果実の中には、防カビ剤が使われているものもありますが、これは食品表示されません。

国内果実なら安心ですね。

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次