投資初心者向け①【これからはじめる方向け】

20194月から投資の勉強を始めて2年半が経過。

まだまだ投資家としては駆け出しですが、今回は投資を始めるにあたりなにを勉強すればよいかを解説していきます。

まずは、投資の世界を知りましょう。

昔の私もそうでしたが、「投資はギャンブル」「投資で成功している人は運だ」「投資は簡単」と一般の方は考えています。

たしかに一部当たっている所もありますが、根本的に誤った考え方です。

いまの私の認識としては「世界最高の頭脳の持ち主たちが戦う戦場であり、投資で長期的に成功することはほかのどの分野とも比較してももっとも難しいことの一つ」であると認識しています。

投資の世界ではヘッジファンドや機関投資家と呼ばれる大口のプロ達がメインで戦っており、その間を縫うように小口の個人投資家などが立ち回っています

日本では優秀な方々は官僚や医師、一流企業へ就職などの道へ行きますが、海外で優秀な方々は投資などは経済・投資の道に進みます。

また、投資に参入してくる人たちも、仕事やそれぞれの分野で成功した方々が多いようです。

そんな人々がしのぎを削りながら、生き残った人々が現在投資を継続しています。

投資を勉強する上で絶対に知っておきたいことです。

 

投資は期待値のゲームです

知らなければ、一時勝ったとしてもいつか大負けして市場から退場することになります。

それなりに覚悟をもって参入してくるのと、なんとなく参入してくるのでは失敗した時の振る舞いが大きく異なります。

 

自分のプレイスタイルを選択する

まずは自分の投資におけるスタイルを選択することから始めましょう。

ロールプレイングゲームでいうところの、勇者、剣士、魔法剣士、魔導士のどれになるのかを選ぶということです。

 

投資ではいわゆる「時間枠」を選ぶということになります。

①年単位の長期で売り買いをするいわゆる「投資家」

②数か月~1年の中期で売り買いをするいわゆる「トレーダー」または「投資家」

③数日~数週間の短期で取引を行ういわゆる「スイングトレーダー」

④一日の超短期で売買を行う「デイトレーダー」もしくは「スキャルパー」

 

どれを選ぶかで、なにを勉強すればよいかが変わります。

四半期~年単位の長期で取引を行うのであれば会社四季報や会社の決算書などは最低限読めなくてはいけません。

逆に短期であれば、決算書や会社事情を全く知らなくても問題ありませんが、チャートを読む力が必要となります。

いわゆる「ファンダメンタル分析」「テクニカル分析」またはその両方が必要かどうかということです。

自分の生活スタイルや適性、仕事との兼ね合いも考えて選択しましょう。

いろいろな時間枠を試してみるのもよいことです

また、資金力も大事な要素です。資金が少額ですと①の長期枠だと投資効率が悪いですし、逆に少なすぎると④も難しくなります。

ちなみに私の主戦場は③のスイングトレードです。最近では④で米ドルのFXも試しています。

理由としては、「場数を増やして経験値を上げたい」「資金が少額」「長期で待てない性分」であることです。

 

まずは、本を読んで勉強しましょう

投資の本を読んで、ファンダメンタルなり、テクニカル分析なりの考え方を知らなければなりません。

勉強してある程度知ったうえで、実際に取引して経験を積んだり、実際にチャートをみて研究することが大事です。

本をよんだだけでもダメってことですね

それでも内容が濃いので、ある程度の本を読み終えるまでに1年以上はかかると思います。

 

次回は、過去に読んだ本を紹介します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次